スマホ攻略レビュー 事前登録ゲームレビュー 課金アイテムを無料GET!?


【アストラルフロンティア】ゲーム情報!

こんにちは。ザッキーです。

今回紹介するのは「アストラルフロンティア」!

ケータイ用RPGのリリースでおなじみ!安定のケムコ印なだけに王道を行くスタイルのRPGを探しているのでしたら、まさにドンピシャ!

なお課金要素はありませんので、あの何かにせかされるというかやらずにはいられない焦燥感はゼロです!

安心してまったりと物語を満喫しましょう!

images

ストーリー

自然環境の悪化により人類が減少の一途を辿る世界の小さな村、ジャピナ。

そこに住む十五歳の主人公もまた、親兄弟や幼馴染の少女レネリアを亡くしていた。

悲しみを胸に秘めながら村を存続させる為に定められた結婚を受け入れようと決断したある日、主人公や村、そして世界の運命は一つの出会いによって大きな変化を遂げる事になる。

cap_13

ゲームシステムはコマンドタイプのオーソドックスなRPG!

本作品はガラケー用にリリースされた「ラストフロンティア」という作品をベースにスマホう用へ最適化したリニューアル版です。

まず、当たり前ですけど操作方法が物理ボタンから画面内に用意されたコントローラーに変更されています。

感覚としてはスーファミとかの操作感に近いものアリです。

そして主人公をテクテク歩かしていると町の人々などからクエストが発生するなどして物語を展開させていきます。

バトルはオーソドックスなコマンド選択で、「攻撃」「スキル」「道具」「防御」「撤退」から適したアクションを選んで勝利をつかんでください。

なお「自動」を選択すればオートバトルも可能なので、緊張感ゼロの弱い敵にはこれでOK!

全般的に王道RPですけど、特色となっているのが本作に経験値の概念がないことでしょう。

バトルに勝利することで不定期に各ステータスが上昇していく仕組みとなっています。

cap_10

考えてみれば同じ敵と戦い続けて経験値をむさぼるような雑魚狩りで経験値もらおうというほうが図々しいですよねw

なので、このシステムは一理ありかと。

バトルで勝利するためには適したコマンド選択だけではなく、装備も重要なファクター。

町やダンジョンで武器やアクセサリー類が手に入りますので、しっかりと備えてください。

敵によってはこの辺がおろそかになると攻略がきついシーンもありますので、それなりに気を使っておきましょう。

cap_11

スキルと潜在能力の覚醒が攻略のカギ!

町やダンジョンなどで「エレメントストーン」というものが手に入ることがあります。

これを手に入れることができれば装着する事で様々なスキルを習得可能となります。

エレメントストーンの組み合わせによっていろんなスキルを発動でき、中には隠しスキルも存在しますので、あれこれ試してみてください。

着脱は自由に行うことができます。

cap_09
そしてお次が潜在能力の覚醒!

PB(ポテンシャルビット)」というアイテムを入手すれば、潜在能力を引き出すことができます。

装着するとレアアイテムの入手率アップやダメージの半減など、冒険がはかどる能力が付与。

目的別に使い道がありますので、それぞれ適した使用法を見つけ出しましょう!

ビギナーから自称プロまで!三段階の難易度を用意

本作には「Easy」「Normal」「Hard」の三段階の難易度が用意されており、なんと冒険中にはいつでも変更可能!

「だめだ!ムリ!」って場合はランクを落としてササッとクリアも目指せます。

難易度を変えるズル?で乗り切ってもペナルティやシナリオ変化はありませんので、有効に活用するのもよいでしょう。

なお、本作ではクリア後にも装備やキャラクター育成などのやり込み要素が備わっていますので、心行くまで冒険を楽しんでください。

そして、全てを踏破した者には「もう一つの真実」が用意されている!?

それは自分の目で確かめてみてください!
imgres

The following two tabs change content below.
ザッキー
ゲーム歴:うん十年 暇人歴:イコール年齢 趣味:音楽鑑賞、読書 座右の銘:だが、ビューティフル 一言:みなさまのお役にたてたら幸いです
良かったら いいね! くれると嬉しいです♪

良かったら いいね! くれると嬉しいです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)