スマホ攻略レビュー 事前登録ゲームレビュー 課金アイテムを無料GET!?


【Blue or Red】新感覚ジャンプアクションゲーム

どうも、ゲーマジのタルトと前髪です。

今回は、「Blue or Red」という新感覚ジャンプアクションゲームを紹介します!

blue_or_rede1136_640

自分次第で敵と味方が瞬時に入れ替わる、新感覚ジャンプアクションゲーム「Blue or Red」

Blue or Redは、「プレイヤーの色の切り替え」という要素を加えることで、

これまでにない新たなゲーム性を実現した横スクロールジャンプアクションゲームです。

blue_or_redb1136_640

ステージは青と赤の2つの色の障害物で構成されており、

プレイヤー(ボール)と同じ色の障害物には触れてもOK、

違う色の障害物に触れるとミスとなります。

blue_or_reda1136_640

プレイヤーの色(青と赤)はゲーム中いつでも切り替えができるので

違う色の障害物に触れないよう上手に色を切り替えながらステージを進んでいきます。

色を切り替えるたびに画面中の敵と味方が瞬時に入れ替わるため、

気を抜くと平坦な場所でもやられてしまったり、

絶望的なピンチでも素早く色を切り替えることで助かることもあり、ドキドキ感が楽しめます。

blue_or_redc1136_640

従来のジャンプアクションゲームのような

ジャンプで障害物を避けたりタイミングよく乗ったりという動作だけでなく

プレイヤーの色の切り替えも考慮する必要があり、

通常のジャンプアクションとは違った戦略が必要で

これまでにない楽しさを体験することができます。

blue_or_redd1136_640

色の切り替えを駆使しないと進めない、ギミック、トラップ、

迷路、謎解きなどさまざまな要素が詰まった

バラエティー豊かな全20ステージが用意されています。

blue_or_redf1136_640

公式PV

アプリ名 Blue or Red
利用料金 無料(一部有料あり)※オールステージセレクト:120円
対応端末 iPhone、Android
カテゴリ ゲーム(アクション)

Anddown

iOSdown

まとめ

なかなか変わったゲームが出てきましたねー

一見単純なアクションゲーかと思いきや、

よくある横スクロールジャンプアクションとは違い、

このゲームには色という概念があります。

この色は2色あり、それを切り替えながらステージクリアを目指すゲームです。

ボールと同じ色の壁に当たると、バウンドできたり普通にゲームを進めることができますが、

ボールと違う色の壁に当たってしまうと、ミスとなってしまいます。

ギミックの変化に対応する判断力や、操作の瞬発力が必要となってくるので、

従来のこういったアクションゲームより難易度が高いです。

最近はボリュームのあるRPGやパズル系ゲームが多いですが、

ガチャでレアなカードゲットしないといけなかったり、

無課金では厳しいゲームが多いですよねw

この様なシンプル系アクションゲームは、

電車やバスに乗っている時や、

ちょっとした暇つぶしに気軽にできるので、

いくつかは入れておきたいです。

なんだか、ガラケー時代の糸通しやCaveやらチャリ走を思い出しましたw

あぁいうのってなんかやってるとだんだんハマってくるんですよねw

ゲーム自体は完全に一人用でも、周りのやつらと勝負したり、

そういう部分が楽しかったですねw

この「Blue or Red」は、そういう懐かしさもありながら、

色という概念が加わることによってアクション性や難易度が増していますので、

思っているよりも奥が深いです。

一度始めるとなかなかやめれそうにないですよねw

早速ダウンロードしてプレイしに行きたいと思います!

The following two tabs change content below.
タルトと前髪
ゲーム歴:ゲーム?遊びじゃねえんだよ!って思い始めてから5年位 暇人歴:海辺を見つめながらため息をついたあの日から数位 趣味:ゲーム、スロット、麻雀、バンド、ギター、ベース、アニメ、漫画、サバゲー、PC 座右の銘:勝たなきゃ誰かの養分
良かったら いいね! くれると嬉しいです♪

良かったら いいね! くれると嬉しいです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)